博士の地下室





スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

徳正寺 :: 2011/12/17(Sat)





 インタホンから女性の声が聞こえてきたので、
 「こちらに「ガロ」編集長の長井勝一さんのお墓があると伺ったのですが…」
 と切りだすと、中から女の人が出てきてくれて案内してくださった。

 『お骨は納骨堂に安置されている』ということだったので、大きなお堂に
 故人の名前が記された銘板がずらりと並ぶ、ような光景を想像していたのだが
 入ってびっくり!本当に小さなお堂。中はなにもなし。一段高いところに
 阿弥陀如来の仏像が立っているだけ。個人宅でももっと大きな仏壇を持ってる家が
 たくさんあるだろう。質素というか、なんの飾りもない。

 長井氏は酒豪だと聞いていたので、花と伊丹銘酒「老松」を持っていった。
 私がぽかんとしている間に女の人が花瓶を持ってきてくれたので、そこに
 花をいけてお酒はその横に置いた。

 長井氏は若いころ結核の療養のためこのお寺に寝泊まりしていたことがあり、
 そのご縁でここに眠ることに早くから決めておられたとか。

 『人間、死ねばどこいっても同じだからよぉ』
 『親鸞さんは女の人に優しいから、いいよなあ』(ここは浄土真宗)

 という長井氏のお言葉をお寺の方が教えてくださった。うーん長井さんらしい!
 1メートルほどの仏像に向かい合掌。
 「日本中のマイナー漫画家を見守ってください(特に伊丹にいる人)」と
 祈ってみたりした。
 
 ここは観光用のお寺ではないので、長井氏の霊前に詣でたい人は
 静かに・礼儀正しく・できれば前もって電話で問合せするのがいいでしょう。
 ここへ来られたのは、短い伊丹生活でも数少ない収穫だったと思う。
 なむあみだぶつ。





 
 
 
スポンサーサイト
  1. 大阪旅行記2010~11
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

墓参 :: 2011/12/17(Sat)





 2011年冬、京都へ向かう。
 「ガロ」編集長・長井勝一氏のお骨が納められている「徳正寺」へ。
 古いガロをスクラップ中に偶然見つけた小さな記事を頼りに、ネットで検索して
 辿りつきました。
 場所は京都市下京区。阪急京都線「河原町」下車、烏丸方面へ四条通りを戻る感じで、
 歩くこと約5分ほど。ドトールのある角を左折、そこからは静かな路地になる。
 救世軍の教会のすぐ先に徳正寺はあった。小さなお寺だ。ほんとに
 ここであってるのかしら…
 門は鍵がかかっているので、インタホンを押してお寺の方を呼んでみた。

 (続く)





  1. 大阪旅行記2010~11
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

買ってみた :: 2010/12/23(Thu)




 こんなシールが出たよ。
 裏面はその単語の意味と成り立ち・具体的な使い方が解説してある。
 こういうの冷蔵庫なんかに貼ってあとで後悔するよねw










テーマ:旅日記 - ジャンル:旅行

  1. 大阪旅行記2010~11
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

ホテルなう :: 2010/12/23(Thu)




 そうして、私の優雅な大阪旅行が終わったあと、どこへ行ったかというと

  実はもう
   引越し先の土地のホテルにいるのです。


 
 ドアマンはただつっ立ってるだけで荷物を持ってくんないし、部屋にLANケーブルもない。
 無駄に高級感だけをかもし出している典型的な「田舎のシティホテル」だ。
 どーしよーもねえな…










テーマ:旅日記 - ジャンル:旅行

  1. 大阪旅行記2010~11
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

真冬の大阪(12 :: 2010/12/22(Wed)




 最も重要なミッションが半日であっさり終了したので、そのあとはホテルに戻って早いけど寝た。
 初日からずっと寝不足だったので疲れた。
 ひょっとしたらアドレナリンがムダに分泌されて寝不足ハイになっていたのかも。
 本当にあの部屋にしてよかったのかな?こうなったら自分のカンと本能を信じるしかない。

 19日はまた神戸までいく。
 昼間のちんき堂に行って、ご主人と少しお話。花輪和一の色紙に見惚れる。カッコイイ!しびれる~!
 ガチャガチャの中に猟奇王のピンバッジがあるというので運試しに一回転…
 な~んと大当り!本当に猟奇王ピンバッジが出た!あまりのラッキーさにクラクラする。
 ピンバッジを入れとく箱ももらえてますますラッキー。
 ちんき堂主人いわくこのピンバッジ一個作るのに¥800円かかるそうで、それを¥200で売る
 幻堂の薄利多売っぷりに感心する。

 しかし「ちんき堂」という屋号からしてどんなにレアでコアでイルな本が満載なのかと期待してたのに、
 案外ふつうの古本屋さんだったなあ。お値段も良心的だし。
 ここで本とCDを買ってしまう。
 16日に京阪電車の駅の中にある天牛堺書店の「どれでも¥400」のワゴンで
 大きくて重たい本を5冊も買って後悔したばかりなのに…布のバッグを持ってきておいてよかった。









テーマ:旅日記 - ジャンル:旅行

  1. 大阪旅行記2010~11
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。