博士の地下室





スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

ひびのかて :: 2011/10/10(Mon)





 関西へ引っ越してきてはや10ヶ月。いつまでもなじめないで困っています。

 関西風薄味料理は自分で制作することは断念。キッコーマンのこいくち醤油を買い、
 使いかけのヒガシマルうすくちしょうゆのビンには昆布をつっこんでだし醤油にしておいたが
 これを使うときが来るのだろうか?
 ネギも関西では彩りていどにしか使わないので、最もコストパフォーマンスの高い
 冷凍青ネギを買っていたが、本当に色だけで香りも味もしない!
 これからは白ネギを1本買って、無駄なく使い切るようにしなければ。
 
 夏の暑いときは毎日「ガスパチョ」を作って飲んでいた。毎日トマトとにんにくを摂取して
 なんとか体力つけて乗り切れたと思う。しかしこれから寒い時期、どうやって
 野菜をとるか?これがいま目の前にある大問題。

 ここ2,3日はなんだかかったるくて、ご飯なんか食べなくてもいいか~とか
 考えたりしたけど、やはり夕食は一汁一菜で食後にデザートとお茶、というのが
 理想でもあるし、気持ちにゆとりがもてる。
 「貧乏なのはいいけれどびんぼくさいのは良くない」という誰かのお言葉を胸に刻みつけなければ。

 キャベツ1玉買ってスープ・炒め物・サラダと使いまわすのは失敗だった。2日でキャベツなんか
 見たくなくなった。しかし「お好み焼」にすると一回で大量のキャベツを摂取できることを
 確認。お好み焼って案外良食かも?とか思う。
 これからはキャベツは半分のを買おう。

 一人暮らしで自炊は本当に難しい。無駄なくしようとすればするほど悩む。料理1人前だけ
 制作はムリがあるし、できあいのお惣菜を買うか外食したほうが安い。
 しかし私のアパートから最寄りのスーパーまで、さびしい道を歩いて10分弱。
 横浜の実家は商店街とスーパーが徒歩1分の場所にあったから、
 「ちょっとお豆腐買いに」とサンダルをつっかけて走れたけど、ここでは
 「買い物に出る」のは一仕事なのだ。いままでの「お使い」の概念をチェンジしないといけない。
 
 しかし「お腹がいっぱいになればいい」というものではないのだ、食事は…
 「ごはんを作ろう」というモチベーションが下がったときは命の危機だ。

 これからの季節、お味噌汁がおいしくなる季節だ。なんとか毎日おいしいお味噌汁を
 作って食べるように、食糧庫をチェックします。


 

 
 
 
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

  1. 食事
  2. | trackback:0
  3. | comment:3

今朝みた夢 :: 2011/10/02(Sun)


 久々に大長編カラーアクション満載の長いながい夢をみた。
 こういう夢を見たときは、なにかしら現実に転換期が訪れる前触れなので、
 忘れないようにかきとめておく。


 私は通っていた学校をやめる決心をした。
 厳格なキリスト教系学校で、自ら望んで入学したはずだが、もう何もかも
 興味がなくなりくだらないとしか思えない。
 両親からは怒られるが、気にしない。
 しかし学校をやめるには、家に学校の人が来て「儀式」をしないとやめさせてくれない。
 尼僧のような服を着た女性がきて、赤い絨毯をしいたりろうそくを床に規則正しく
 立てて祭壇をつくったりしている。
 もうその儀式すらめんどくさいので、私は何もかも台無しにしてやろうと
 大暴れして部屋をめちゃくちゃにする。ピンク色のろうそくを踏みつぶしたり
 悪行ざんまい。尼僧っぽい人はあきれて帰っていった。
 自分の部屋に帰ると女の子(妹か?)が寝そべっていて「やったじゃん」と
 ほめられる。

 私は何かのスポーツのチームにいる。サッカーのような、しかし室内競技で
 スパイクのつま先に長いトゲトゲが何本も突き出ていて危険なスポーツだ。
 ここでプレーできるのか?自信がないが、なぜか周囲からは期待されている様子。
 チームは全員女子で、濃いワインレッドがチームカラーだ。
 ユニフォームに着替えるのにトイレに入る必要があるのだが、なぜかトイレが
 異常にせまく苦労する。横幅がない平べったいスペースのトイレ。
 よく流れないとこもある。困る。

 試合後、相手チームから健闘を讃えられる。相手は男女混合チームで、ラテン系の
 男性も数人。黒い髪とキザなひげの男からほめられた。悪い気はしない。
 
 そのラテン系男とその仲間たちと夜の街に飲みにでかける。
 そうして…(不明瞭な部分)
 酔っぱらいにからまれたのを発端に、店の中で大暴れ。タチのわるい客どもを
 かたっぱしからぶっ倒す。店の外に出て夜の街(渋谷のようだ)を疾走する。
 いろんなお店の中を通り抜けたりもしたが、みんな面白半分で応援してくれてる。
 店のマスターも苦笑したり、手を振ってくれたり。
 坂道を全力でくだり、どこまで走ったかわからない。
 ふと上を見上げると、JRの高架線があり、飛行船がサーチライトを受けて
 鮮やかな黄色に輝いていた。(ここは新橋かな?と夢の中で思う)
 はあはあ息を切らしながらみた街の夜景がものすごくキレイで、
 「こんな風景をとっておけたら最高だなあ」と、みとれる。


 フロイト派もユング派もアドラー派も、いかようにも解釈してください。
 素敵な夢よありがとう。すごく体力を使う夢だった。




テーマ:日記 - ジャンル:日記

  1. 日々
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

01/October/2011 :: 2011/10/01(Sat)





クリーム色のもあった。

 (@伊丹市)









テーマ:今日見た景色 - ジャンル:日記

  1. 日々
  2. | trackback:0
  3. | comment:2

01/October/2011 :: 2011/10/01(Sat)





町中いたるところで彼岸花が満開だ。

 (@伊丹市)









テーマ:今日見た景色 - ジャンル:日記

  1. 日々
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。