博士の地下室





スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

破壊 :: 2012/04/25(Wed)



 斜め向かいの家が解体作業中で、毎日けっこうな騒音と地響きの中で暮らしてます。

 小さな一軒家だったが、壊し始めてから一週間、まだ終わらない。
 よほど頑丈に建てた家なのか、なにか大きなものを倒す音とともに
 ズン…!という地響きが。部屋の窓ガラスもびりびり震える。
 たまに「地震かな?」と思うくらい揺れるときもあって、けっこう大変。
 (今朝は本物の地震が来たが、慣れのせいか目が覚めなかった)

 朝8時から夕方5時まで、いろいろなものが壊れていく音を聞いているけど
 これが耳に心地よい、とまではいかないが、思ったほど気にならない。
 最近体調がいまいちなので、ベッドに横たわったまま破壊音と振動に
 包まれていると、「もうなにもかも壊れてしまえ」とか思う。
 この解体作業が終わると新しい家が建つのだろうが、その時の音は
 どう聞こえるだろう?
 壊す音と作る音、どちらが心地良いか楽しみだ。




スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

  1. 日々
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

アナログからデジタルへ :: 2012/04/03(Tue)



 テレビを買え、と言う話ではない。
 今やってること、なーんか昔もやってたような気がしたので。

 西暦2012年4月3日の今、私はノートパソコンを机に置いて、キーボードを
 カチカチ云わせながらこの文章を記録してるわけです。
 誰に頼まれたわけでもないのに、何か書いておきたい気分なんですな。
 
 疲れていると難しい言葉が出なくなる。
 なるべく簡単な言葉にしておこうとするとどんどん文章が長くなる日本語の不思議な
 からくり、そうなると言葉ではなくイメージ優先になる。
 物事を「目で見たときの状態」で思い出すようになる。
 パカッとひらいてカチカチ音立ててる。あれー~昔同じことやってたような気持ち?
 これなんだろ?
 
 同じことを小学生のときにやっていた。しかもなぜかクラスの女子全員。
 あのときは紙に文字をHBの鉛筆で、物理的に残していた。
 そのときの音は「サラサラ」だったなあ。で、一枚の紙の表面が字でいっぱいになると
 紙を裏返して、続きを書いていたっけ。
 そのときの動作が、ノートパソコンを開けるときと同じだった!
 手前から向こうへ、ぐいーんと腕を伸ばすコレが!ああコレコレ!!

 ノートパソコンを開けるかわりに「紙を裏返して」いたよ。
 お金持ちの家の子はホッチキスで紙の一部をバッチンと留めて新しい紙に字を書いてた。
 ノートパソコンを開くのは紙を裏返すのと同じだったんだ。発見だなあ。…
 カチカチじゃなくてサラサラ音がしてたんだ。うーん、なんだか
 懐かしい友だちにやっと会えたような心持ちがします。

 「取り憑かれたように自分の思いを文章にして紙に書き写し特に他人に見せるわけじゃ
 ないけど誰かにはみてほしいと願う」この行動をなんと呼んでいたか今は思い出せない。
 でもやってることは同じだ。(カタカナで表す行為。当時同時多発的に流行)

 結局やってることは同じで、物理的に残すか空気上に残ると信じてまくかだ。
 そうね、サラサラっと砂を撒くように。どこかに残ってほしいと願ってするときは
 「蒔く」ですね漢字は。種を蒔く。まくっていい言葉だ。あーー。
 (美味しくもないのにハンバーガーを食べてしまうのは店の名前の中に「まく」って
  音が含まれているからだという仮説をここに立てて置きたい)

  世界は言葉でできているというけれど、言葉がない時代の人間は
 そのモノ自体を握りしめていたに違いない。触って、さわって、てざわりを感じて。

 言葉は手触りでできていたんだ。ザラザラ、サラサラ、カチカチするもので。
 なので西暦2012年の今んところ「電子書籍」というものにいまひとつ
 馴染めないのは、手触りに馴染めないからだろう。
 流行らせるのはカンタン、モノの表面に紙を貼ればいいだけ。

 このアイデアは著作権フリーですので、関係者のみなさんぜひお使いください。

 (望二花)


テーマ:いつか見た景色 - ジャンル:日記

  1. 日々
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

1st/Apl/2012 :: 2012/04/01(Sun)



更新をサボり中。ここは消したくないが、今までのようには書けない気分。
 いっそ嘘100%にしようかとも思うけど、
 Tumblrのほうが簡単かもしれない。
 河童と海の関係について考えながら寝よう。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

  1. 日々
  2. | trackback:0
  3. | comment:1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。