博士の地下室





スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

08/06/10 :: 2010/06/09(Wed)


今日も鬱。苦しいのでクリニックに駆け込んで「楽になるおクスリないですか」と先生に頼んだら「ないです」と断られる。以前通ってた精神科では辛くて涙を流すだけのような状態の時はなんにゃら注射をしてくれた。そうすると30分くらいで気持ちがラクになって助かったものだ。(そのかわり身体が重くなって眠くなる)「そういうことをしても後からツケが来てよけいに苦しいだけだから、うちで寝てなさい」と先生のお言葉だけ頂いて帰る。食欲はないが何か食べないといけないので帰りに新横浜駅のコンコースでおにぎり三つ買う。たこ飯と明太子とじゃこ玄米。ここのおにぎりは美味しい。隣のドーナツは高すぎる。帰宅してさっさと寝る…が睡眠導入剤を飲んでも全然眠くならない。買ったままほったらかしの「怪」を読むが字が多くてめんどくさくてギブアップ。
「怪」には「幽」という姉妹誌があって「幽」は面白いけど「怪」は自分の性にあわないなあ。なんでだろ?
むかし祖母から聞いた話に「妖怪豆腐なめ小僧」というやつがいて、お豆腐屋さんがパ~プ~とらっぱを吹いて町内に売りにくる。そのとき近所のおかみさんたちが鍋を手にして豆腐を買いに集まるのだが、豆腐を買ったあとぼんやりしていると、今買ったばかりの新鮮な豆腐の上っ面を「妖怪豆腐なめ小僧」にべろ~んと舐められてしまうのだ。味噌汁にするとかならともかく、冷や奴で食べようと思って買った豆腐を舐められるのは不愉快なことこの上ないので、買ったら早く家に帰ってこいという話なのだが。あぶらげは狐にさらわれるし豆腐は妖怪が舐めに来るし、昔の人の暮らしは大変だったんだな。お稲荷さんにお供えするあぶらげが売切れでなかった場合、原材料と調理法がほとんど同じの「がんもどき」や「揚げだし豆腐」をお供えしたらどうなるのだろうか。…そういえば石巻の「石ノ森漫画館」に行ったとき、近くに放棄されたような稲荷神社があってそこをウロウロしたっけ。きっと鬱になったのは見捨てられたお狐様のたたりでは?そうじゃそうじゃ、おおそうじゃ。明日はあぶらげを買ってうちの神棚にお供えしてみようと思う。コンコーン!












にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:(´-ω-) - ジャンル:日記

  1. 日々
  2. | trackback:0
  3. | comment:1
<<12/06/10 | top | だるい…>>


comment

なかなか、理屈に適った「妖怪豆腐なめ小僧」話ですね、豆腐もパンも出来たてが一番上手い
色々と悩ましい病をお持ちで・・・
くれぐれもご自愛のほどを
  1. 2010/06/15(Tue) 09:03:32 |
  2. URL |
  3. PUSH-PULL #/aF5ZJNE
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://funcheerfuljff.blog65.fc2.com/tb.php/105-56a3d1c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。