博士の地下室





スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

大阪日記#2 一日目 :: 2010/02/14(Sun)

 午前9時19分新横浜発の「のぞみ」で大阪へ。
 前の晩よく眠れなかったので、車内でウトウトしようかと
 思うができない。I-podで音楽を聞くのもめんどくさいので
 ひたすらぼけーっとする…が、すぐ到着。

 とりあえず着替えの入ったバッグをコインロッカーに
 しまわなければ。
 泊まるホテルが阪急の中津駅そばなので、阪急改札前の
 大和証券前のロッカーに入れる。ここなら迷うことも
 ないだろう…たぶん。

 大阪歴史博物館まで、めんどくさいのでタクシーで行った。
 んが運ちゃんが歴史博物館を知らなかった。
 プリントアウトしてった博物館のHPの地図を見せて
 なんとか行ってもらう。
 「どちらからいらしたんですか?大阪は汚い街でしょう」と
 言われるが、都会なんてどこも同じよね。
 横浜よりは路上でなにもしないで立ち尽くしている
 おっちゃんが多少多いくらいかな?

 歴史博物館に着く。中国政府に反対する親チベット派の
人たちが抗議の座り込みとかしてるかなと思ったけど
特になにもナシ。すんなり会場へ入場。

 せっかく持ってきたので博物館のトイレで
「FREE TIBET」Tシャツを着てみたが、
わざわざ面倒をおこすのも無粋なので上にブルゾンを着て
胸のチベット国旗がチラ見えするていどにしといた。

んでチベット展ですが、正直期待はずれ。展示品の数が
思ったほど少なかった。ひとつひとつはすばらしい
仏像やタンカなのだが、あっというまに出口に。
 もったいないから3周したけど、あれじゃあ
デパートの特設会場の催事なみだなー。がっかりでした。
仏像は下から仰ぎ見るのが楽しいので、立ったり
しゃがんだりしていたら警備員に寄り添われてしまった。

 会場は平日だったしガラガラ。お客さんも定年退職後の
時間をもてあましてるような老人ばっかりで、チベットにも
仏教にも興味なさそな人たちばかりだった。
 混みこみで展示品が見えないよりかはいいけど。
 しかし、あのじーさん達の中に中国政府から派遣された
監視人がいたのか?まじで?だとしたら溶け込みようが
すごいなあ。
 売店もとくにこれといったものもなし。
 図録も重いので買わなかった。
 博物館1Fロビーでチベット関連の本やグッズを
売っていたが、ダライラマの自伝とかはなし。
 ラサの観光案内ムックとか吉祥印のスカーフとかを
漢人のおっさん2人が売ってた。売り上げがよくないらしく
『印鑑とかもっと安くするヨー』とでかい声で相談してた。
 きっと会期終了直前には半額くらいになるのだろう。

 チベット展が期待はずれだったのであとの時間がヒマに
なってしまった。大阪城でも見よっか、と考えたが
「花の慶次」が謁見した大広間が残ってるわけでもないし、
つまらん。
 それならキヨシロー展を見にいっちゃえ!と
タクシーに乗る。

 「HEP FIVEってビルに行ってください」と言うと
運ちゃんが「お客さん遠くから来はった?大阪は汚い街ですやろ」
と、朝と同じセリフを聞かされた。これって大阪のタクシーの
基礎用語なのか?そんなに卑下しなくてもいいのに。
(本当は『大阪がいちばんエエとこや!』とか思ってるんでしょ?)

 「個展・忌野清志郎の世界」、ここも思ったほど展示物は多く
なかったけれど内容が濃い!キヨシローの世界がギラギラしてる。
ステージ衣装も見れたし愛チャリ「オレンジ号」を間近に見れて
 うれしかった。青山葬儀場じゃゆっくり見るなんて時間的余裕が
なかったもんなあ。…
 キヨシローの描いた油絵がすごい。
たっぺいくんとももよちゃんを描いた絵には愛を感じるし、
高校時代に描いたキクの花はゴッホのような力を感じる。
 でもわたしがいちばんカンドーしたのは高校卒業直前の
「自画像」。おかっぱ頭で、Tシャツを着て、顔がない。
目鼻の輪郭もないのっぺらぼう。絵の具で塗り潰してあるだけ。

この時期のキヨシローは音楽だけでやっていくことを
心に決めてたはずなんだけど、不安やこわさや自分の表現の
スタイルへのゆらぎみたいなものを隠せなかったんだな。
絵の中にひとりの男の子が生々しくそこにいる。
それともあえて顔なしの自画像として完成させたのなら
すごい人だと思う。

歌手・忌野清志郎としてのポジションを確立した後の
自画像は原色と緑とピンクで描かれているけど、
この高三の自画像は全体にグレーがかかっているんだよね。
そのへんも何かを感じさせるんだよなあ。

 ほかにもショーケースの中に「TVブロス」で連載した
コラムの挿絵や高校時代につけてた「授業単位表」
(科目別に必要な単位と欠席した日数が書き込まれてて、
『あとこれだけ休める!』とか計算してある)
画板に書いた手塚治虫の「ブラック・ジャック」の絵とかが
いっぱいあった。あの絵を全部見たかったな。マジックの
走り書きも味があってイイぜ!Year!

 日替わり特別映像コーナーでキヨシローのPVを見ながら
一休み。「JUMP」「渋谷ハチ公前でのゲリラライブと
そのメイキング」LOVE JETSの「UFO神社」が
流れてた。
 ラブジェッツ、かわいい曲だなあ、こんどCDを買おう。

 ホテルのチェックインを遅くして、夕食を食べてくことにした。
 ギガジンでおすすめの「ゆかり」のお好み焼きを食べるんじゃ!
 ヘップホールからへんな横丁を通り抜けていたらいきなり
目の前に「ゆかり」出現。
 カウンターで牛スジネギ焼とビールを注文。
目の前の鉄板で焼いてくれるのかとおもったけど、厨房で
焼かれて出てきた。
 ねぎ焼は、おいしゅうございました。明日もここに来ようっと!

 あとはホテルに泊まって風呂入って寝るだけなのだが、
バッグをしまったコインロッカーにたどり着くのに
予想外に時間がかかった。うっかり梅田の地下街にもぐったせい。
 やっと荷物を引っ張り出して阪急に乗ろうとしたが
阪急って路線がいっぱいあるのを知らなかったので迷う。
あやうく京都に行きそうになった。
あっちこっちウロウロしながらホテルへ到着。
(次の日、わざわざ阪急に乗らなくても梅田から
徒歩圏内だったことを知る。ムダに疲れたぜ)

以外にいいホテルで、バスタブがでかかった。
ホテルのそばにコンビニがあるはずなのだが
見つからないので
自動販売機で水とお茶を買って飲んで寝る。
 今日は疲れたな…よく眠れるだろうと思ったのに
いまいち眠れないまま朝になった。うう。

 
 
 


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:旅日記 - ジャンル:旅行

  1. 日々
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
<<てすてす | top | 大阪日記#1 くそったれバス>>


comment

残念~。

チベット展はハズレでしたか~!! 東京ではポスターを見て「スゴい展示なんだろうなぁ」なんて思ってたのに! …そういえば上野の特別展って、私が行くヤツは全部ハズれてたわ。客だけは異常に多いけど。横浜美術館とか、1回しか行ったことないけど良かったよ~。
特別展は難しいですね…。お疲れです!
  1. 2010/02/16(Tue) 23:16:29 |
  2. URL |
  3. Water Bay #-
  4. [ 編集 ]

おじゃまします

先日はコメントありがとうございました。。。
良いも悪しきも、旅の思い出が伝わって、
おもしろく読ませてもらいました。

また覗かせてもらいます。。。
  1. 2010/02/15(Mon) 00:18:04 |
  2. URL |
  3. コラソン #-
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://funcheerfuljff.blog65.fc2.com/tb.php/24-1d981788
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。