博士の地下室





スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

肩が痛い :: 2010/03/02(Tue)


どーにもこーにも肩が痛い。たまらん。
去年の暮れも押し迫ったころから左肩が痛くて、肩こりというよりビキビキに固まった感じで、腕を水平より上に上げるとすごく痛い。年末なので市販の張り薬でなんとかごまかし、年明け早々に整形外科に。
医師に症状を詳しく話してレントゲンを撮った。先生いわく「あなたは頸椎が一直線ですねえ」だって。
頸椎というものは普通ならゆるやかにカーブしてるらしい。んがわたしのはまっすぐなので、神経と触れあってしまいそれが伊丹…じゃなくて痛みの原因だそうだ。「いわゆる五十肩というやつですか?」と聞いたら答えはNO。結果飲み薬3種類と張り薬を処方された。

この飲み薬、すんごく眠くなって生活に差し障りが出るんですが…先日も青山へ行くのに京急で品川まで行くつもりだったのに車内で眠りこけて羽田空港まで行ってしまった。
3種類の飲み薬のうち「リンブラール」というのが眠気の原因みたい。お薬情報に『脊髄反射を鈍くし筋紡錘への伝達を伝わりにくくします』なんて書いてある。よーするに筋弛緩剤ぽい。これ200錠くらいいっぺんに飲んだら死ねるな。

服毒自殺を成功させるコツは「致死量をゆっくり時間をかけて全部飲む」ことだ。いっぺんに飲むと気持ち悪くなって吐いてしまい、吐瀉物が気管に詰まって窒息する「ジミヘン死」になりとても苦しい。あるいは錯乱状態になり階段から飛び降りて目の下にアザを作って終わり家族に迷惑かけてその後事あるごとにイヤミを言われて恥ずかしいので注意すべきだろう。「安らかに眠るように死ぬ」のが目的なのを忘れずに。

メンタルクリニックで肩が痛いですと言ったら「葛根湯」を処方してくれた。首から上の痛み・熱・腫れにはこれが一番だそうだ。効くといいな。      


市販の張り薬では「ロイヒつぼ膏」が効き目あった。整形外科でもらったモーラステープは効くけどアトピー持ちにはちょい厳しいのです。
スポンサーサイト
  1. 日々
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<マンガは家で読め | top | >>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://funcheerfuljff.blog65.fc2.com/tb.php/41-90f29d42
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。