博士の地下室





スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

真冬の大阪(10 :: 2010/12/22(Wed)




 17日夜は神戸の古本屋ちんき堂で「幻堂復活の夕べ」を見るのだ。
 でもホテルをでたらお外真っ暗!駅すばあとで検索したら小1時間ほどかかるみたい。
 ギリギリだ。
 結局ちんき堂に着いたらもう8ミリ映画の上映が始まってた。一瞬「川崎ゆきお」ってテロップを
 見たような気がする。

 映画・紙芝居・ライブと充実した時間を過ごせました。
 うつぼさんの「歌いながら紙芝居を上演しつつ描く」のが面白かったな。
 終了後「架空」編集長西野氏に呼び止められる。
 え~この人が西野さん?てっきり前の席にいた黒いキャスケットの背の高い人だと思いこんでいたので
 ビックリ!する。顔にモザイクかけるとだれしもイケメンに思えるんだなあ。
 ちょっとだけ話して市立科学館で作った千社札二枚プレゼント。これでふたりはプリキュア?
 川崎さんの漫画が載ってる「ぷがじゃ」を頂く。ありがとう。


 夜9時過ぎなのでちょっとだけ南京町を徘徊。
 赤いランタンが通りにたくさん飾ってあってなかなかいい感じ。しかし狭いな。
 もう店は全て閉まっていた。横浜の中華街もそうだけど仕舞うの早いよね。
 小広場では獅子舞の練習中。広場裏のスペイン料理屋でアリオリソースのグラタン食べる。
 なかなか美味かったよ。ワインを二杯飲んだらヘロヘロに…弱くなったなあ。

 この夜はJR舞子駅で人身事故のせいで電車が大幅に遅れていて、
 ホテルにはモノレールの終電に駆け込みなんとか帰れた。
 やっぱりホテルは繁華街の中のほうがいい。








スポンサーサイト

テーマ:旅日記 - ジャンル:旅行

  1. 大阪旅行記2010~11
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<真冬の大阪(11 | top | ランチ>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://funcheerfuljff.blog65.fc2.com/tb.php/508-32452443
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。