博士の地下室





スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

真冬の大阪(12 :: 2010/12/22(Wed)




 最も重要なミッションが半日であっさり終了したので、そのあとはホテルに戻って早いけど寝た。
 初日からずっと寝不足だったので疲れた。
 ひょっとしたらアドレナリンがムダに分泌されて寝不足ハイになっていたのかも。
 本当にあの部屋にしてよかったのかな?こうなったら自分のカンと本能を信じるしかない。

 19日はまた神戸までいく。
 昼間のちんき堂に行って、ご主人と少しお話。花輪和一の色紙に見惚れる。カッコイイ!しびれる~!
 ガチャガチャの中に猟奇王のピンバッジがあるというので運試しに一回転…
 な~んと大当り!本当に猟奇王ピンバッジが出た!あまりのラッキーさにクラクラする。
 ピンバッジを入れとく箱ももらえてますますラッキー。
 ちんき堂主人いわくこのピンバッジ一個作るのに¥800円かかるそうで、それを¥200で売る
 幻堂の薄利多売っぷりに感心する。

 しかし「ちんき堂」という屋号からしてどんなにレアでコアでイルな本が満載なのかと期待してたのに、
 案外ふつうの古本屋さんだったなあ。お値段も良心的だし。
 ここで本とCDを買ってしまう。
 16日に京阪電車の駅の中にある天牛堺書店の「どれでも¥400」のワゴンで
 大きくて重たい本を5冊も買って後悔したばかりなのに…布のバッグを持ってきておいてよかった。









スポンサーサイト

テーマ:旅日記 - ジャンル:旅行

  1. 大阪旅行記2010~11
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<ホテルなう | top | 真冬の大阪(11>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://funcheerfuljff.blog65.fc2.com/tb.php/510-b4019eee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。