博士の地下室





スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

「COM」 :: 2010/04/11(Sun)




 写真は先日ヤフオクで買った超ぼろぼろの「COM」。1969年1月号です。
 雑誌ロゴの下に『まんがエリートのためのまんが専門誌』とある。
 まんがエリートって何だろ?

 収録まんがは
 *手塚治虫「火の鳥 ヤマト編5」
 *石森章太郎「ジュン (少女)」
 *樋口太郎 「灰色の海」
 *矢代まさ子 「シャボン玉」
 <少年まんが特集>
 *関谷ひさし 「けんか泰平」
 *つのだじろう 「つまんない」
 *ジョージ秋山 「殺しのライセンス」
 *なかじょう けんたろう 「千年沢の万年雪」
 *松本零士 「幽霊世界」
 *山上たつひこ 「人類戦記」
 よみきりエヘヘまんが 永井豪「目明しポリ吉」
 *岡田史子「夢の中の宮殿」
 *萩村純忠 「ソンブレロ」
 名作劇場 手塚治虫「ハトよ天まで」
      石森章太郎「はるかなる国から来た少女」

 それぞれのまんがの間にコラムやカートゥーンがはさまる。
 今号の特集は「69年度まんが界への展望」と題して少年サンデー・少女フレンド・
 少年キングの編集者たちが集まって将来のあるべきまんが像を真剣に話しあっている。
 おとなまんが界から「漫画サンデー」「漫画アクション」の編集長の69年度展望。
 コラムに小野耕世のアメコミ考察・尾崎秀樹の「ディズニー研究」斉藤次郎の
 「やぶにらみまんが月評」
 
 雑誌の真ん中へんに「新春ハレホレQK室」8P.フジオ・プロの作画っぽい。
 この中の「マンガ家アラ・カルタ」という企画に当時の劇画や観念的・実験的マンガへの
 イヤミがいっぱいあって面白い。
 「ろ 論が先 技術があとの 愚か者」
「わ わかるのは 本人だけの アングラマンガ」
「か かっこいいポーズは 鏡の前で 劇画作家」とかね。
 「ま マンガ家の 彼女は みんなベタぼれ」って本当か?

 で、雑誌の一番うしろにあるのが「ぐら・こん」
 読者の投稿作を一流マンガ家さん自らが
 批評・採点してくれる親切なコーナー。「まんが予備校」ともある。
 児童まんが・青春実験まんが・1コマ4コマ・基礎とコース分けされていて、
 それぞれの投稿作品をストーリーと絵の視点から採点。
 ストーリー<テーマ/ストーリー/コマはこび/>
 絵    <キャラクター/構図/絵> と、それぞれ100点満点で採点してもらえる。

 この「ぐら・こん」雑誌編集者でなく読者の憧れのマンガ家先生が
 採点してくださるとこが当時のマンガ家の卵や卵以前のキンカン状態な若者に
 夢と希望をおおいに与えたのだろう。

 「質の高いマンガ家をどんどん発見して、商業的に売れるようにしてあげたい」
 という創始者手塚治虫神の善意にあふれた雑誌だなあ~と思った。
 ライバル誌のガロより分厚いしカラーページもある。
 例えてみるなら「COM」はマンガ家たちのユートピアを目指し、
 「ガロ」はマンガ家たちのパラダイスを目指したのではなかろうか。
 ユートピアはどこまでも清く正しく美しい。
 パラダイスは視点を変えればゴミの山だったりガラクタの寄せ集めだったりするが、
 ときどきお宝やなんとも形容しがたいヘンなものが出てくる。ガロ作家はゴミが
 GOLDに変わる瞬間を探っていたのだろう。
 そのへんがガロとCOMの違いなのかな~。と、超個人的感想でした。

 この「COM 69年1月号」には岡田史子の「夢の中の宮殿」が掲載されてて
 個人的にウレシかった。それと新年号なのでいろんなマンガ家が新年の
 豊富を語っているが、赤塚不二夫のが面白いので引用する。

 『…68年はめぼしいギャグ・ストーリー漫画は一本もなかったように思える…
 これほどマンガ本とマンガ家志望者が氾濫しながらもまんが本来の笑いに
 挑戦している若者が少ないのは、いったいどうしたことだろう。…
 諸君はもっと本質的に不幸になり欲求不満にならねばいけないのだ。
 …自分の中にある笑いと不幸とをじっくりみつめないかぎり、ほんものの
 ギャグまんがはかけないだろう。』
 さっすがバカ塚先生、ギャグのためならアル中になるのも厭わない男!かっこいいぜ。

 裏表紙にCOMまんが手帳の広告が載ってるんだけど
 『COMまんが手帳であなたのまんがエリートぶりを発揮しましょう』って、
 ここにもまんがエリートなる言葉が。
 まんがエリートってどういう意味なのか、よくわからんわ。
 全国のまんがグループ紹介やマンガ家名鑑がのっているらしい。
 個人情報ダダ漏れでも大丈夫!なのんびりした時代もあった。

 ちなみに69年というと私8歳。いとこの経営する理髪店で毎週最新号の
 ジャンプとマガジンとサンデーを読ませてもらい、商店街の古本屋で
 うちの兄貴が売った古いマガジンを私が20円で買ってた時代だ。
 ガロもCOMも、8歳児じゃあまだ縁がないわな。
 
 
 
 
 
 
 




にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:気になる本・雑誌 - ジャンル:本・雑誌

  1. マンガ
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<ロマン | top | 08/04/10>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://funcheerfuljff.blog65.fc2.com/tb.php/68-5af6d57e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。