博士の地下室





スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

ロマン :: 2010/04/12(Mon)


今日の神奈川新聞の記事より。

 「今や、フィルムの入れ方すら知らない若い人もいるんですよね」。
ろまんカメラの社長、金丸二郎さん(71)は苦笑する。
 
横浜・野毛にろまんが店を開いたのは、戦後間もない1946年の末。
最盛期は十数人の社員を擁し、小売りから卒業アルバム、結婚式の撮影まで手広くこなした。

…銀塩写真を取り巻く状況は、全国規模で見ても厳しい。
メーカーや小売店などでつくる日本カラーラボ協会(東京都千代田区)によると、
ピーク時の97年に年間4億8千万本を数えたフィルム出荷量は2008年、
5500万本にまで激減。「一にも二にもデジタルの影響」としている。。

 写真フィルム大手の富士フイルム(工場・南足柄市)は06年に
「写真文化を守り育てることが使命」との“決意表明”を発表。
「表現力や長期保存性はデジタルに勝る」とし、銀塩を「写真の原点」と位置づけた。
 品種の統廃合など合理化を進めつつも、根強い需要に応えていくという。
 …

 うちの母も高齢者だけの写真クラブに入って撮影会なんかに出かけるけど、
 もはや60歳以上の老人でもみんなデジカメで、フィルムをぶちこんだ一眼レフを
 ぶん回して写真撮ってるのは母と写真クラブの講師の先生だけになってしまった。
 最近の老人はなかなか侮れないんすよ。
 撮った写真をフォトショでかっこよくするのなんか朝飯前。
 うちの母はモノクロ写真専門なので、デジカメはいらない!と意地をはっているが、
 本当はもうデジカメの扱い方を覚えられないのです。

 (ここで宣伝。2010年ハマ展に母が作品を出品します。なんか吉田戦車のマンガ『ぐるぐる円』
 みたいなものが写ってる写真。タイトルは今母が悩んでます。おヒマな方はこちらまでどうぞ。
 4月27日から5月2日までです。)

 ちなみに会場は長いだらだら坂のてっぺんにあって、作品の搬入が辛い、
 と87歳の母がこぼしている。
 横浜市ってこういう不便な場所に公共施設を造りたがるよな。
 市の中の人は利用者のことも少しは考えろや。


 ◇

 ところで、ろまんカメラの店名の由来は…。金丸さんは
「ひらがなの方がモダンな感じがするので」
 と教えてくれた。では、そもそもなぜ「ろまん」と名付けたのだろう。
 「写真とは夢です。ロマンがあるんですよ」

 おおーロマン!ですか!
 いまどきロマンなんて言葉が通用するのは宇宙か古代史関係だけだと
 思っていたけど、まだ街角にロマンはあったのだな。
 ロマンの徒の金丸さんには頑張ってほしい。 









ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

  1. | trackback:0
  2. | comment:2
<<はぶ名人 | top | 「COM」>>


comment

「ブログに味気ない写真を毎日UP」、自分も最近それに近いなあ。自制しますです。
母が写真を始めたのは乳がんにかかったことで、「残り少ない人生、好きなことをやらせてほしい」
と父に宣言したのがきっかけです。それからもう20年以上生きてるけど、やっぱり趣味をもったことで
張りあいがでて長生きしてるんでしょうねえ。
でも写真を始めるとは思わなかった、絵を描くんだろうと家族みんな予想してたのですが、
カメラは意外でした。
  1. 2010/04/13(Tue) 22:19:43 |
  2. URL |
  3. もにか #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

お母様はエライ!

デジカメの性能が良くなり過ぎて、誰でも玄人のような写真を撮れるようになりましたね。
勘違いしてブログに味気ない写真を毎日アップしている人も多い。
お母様は、「絵を描くように写真を撮る楽しさ」を知っておられるのでしょう。
  1. 2010/04/12(Mon) 22:58:27 |
  2. URL |
  3. 棚倉 樽 #Lzv7/fLE
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://funcheerfuljff.blog65.fc2.com/tb.php/69-7a4609b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。