博士の地下室





スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

05/Jan./2015 :: 2015/01/06(Tue)



 お正月が終わって、精神的に疲れたので、前の晩6時に眠ってしまった。一度目ざめて
 そのあと見た夢。

 私達(男性7人くらいの集団)は…なにかを修繕しにいく。学校のような、コンクリート4階建ての
味気ない建物。
中には女の子(中学生くらい?)があちらこちらに集団で集められていて、これから処刑されるようだ。
銃を持ったゲリラたちが少女らのまわりに集まっている。
少女たちは私達も自分らの仲間にして殺そうと、なにか計略めいたしぐさでおいでおいでと
呼んでいる。
あやうくだまされそうになるが、なんとか正気を保って彼女たちを開放する。
しかし少女の集団は思いもかけない場所にあちこち集まっていて、私達は建物じゅうを
走り回る。雨のふるなか大きな水たまりができている狭いところ(建物の間)を
『足が汚れるなあ』といやな思いをしながら、それでも通る。
最終的には少女たちみんな無事ですんだようだ。

開放した少女のひとりと町に戻っていく。ひどく冴えない、不細工でみっともない薄汚れた女の子だった。
彼女の愚痴を聞かされながら歩く。彼女の足ははだしで、ほこりまみれだった。
これからもこんなことがあるだろうと彼女はぶつぶつ言う。
この子とこれから暮らさないといけないのか。それは嫌だなあ、なんとか避けられないものかと思う。
気が付くと不細工な彼女とさえない畳の部屋(下宿風)にいる。表からは女の子の悲鳴が聞こえる。
ここは女の子の悲鳴が日常的に響いてくる世界らしい。なんていやらしい!

とにかく本当にイヤな夢だった。
最近嫌な夢を見るとその気分が一日続いて、ベッドから起き上がれなくなってしまう。
今日もひたすら憂鬱。なんとかしなければ。

スポンサーサイト
  1. 夢みた
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<開店休業 | top | 母と父の死>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://funcheerfuljff.blog65.fc2.com/tb.php/855-2cde5e45
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。